第14回 教文13丁目笑劇場 「 列島弾丸超特急 」


葉加山電鉄から登場した夢の超特急「アルパカ号」。超満員の乗客の夢を乗せ、東京から博多を目指し出発した。その列車が何者かの陰謀により、停まらなくなってしまう。このまま行くと、乗客たちの夢が悪夢に変わってしまう!列車を止められるのは、あいつしかいない!!!果たして夢の超特急の行方は?スリラー!!!

作・演出/棚田満 出演/教文13丁目笑劇一座

演出助手/シチュー山本(3ペェ団札幌) 舞台監督/上田知 音響/橋本一生(ISSUE/yhs) 照明/中井えりか

舞台協力/㈱ほりぞんとあーと 衣裳/佐藤宏美 大坂友里絵 長谷川碧(3ペェ団札幌)

 

第13回 教文13丁目笑劇場 「 浅草パラダイス 」


浅草で人気の大衆演劇一座。歌あり、チャンバラありの賑やかな舞台が大人気。ある日、しっかりしてない座長にたまりかねた丹下左膳訳の主役が、本番直前に突然の逃亡!主役を失ったままの本番が、あと数時間後に迫る。困り果てた座長が選んだ代役は、なんと座長の妻「峰子」。峰子ははたして丹下左膳を演じきることが出来るのか?大衆演劇一座の、ある一日起きたドタバタを描いた一大スペクタクル人情喜劇。

 

第12回 教文13丁目笑劇場 「 キネマの怪人 」


舞台はオペラ座!…ではなく、映画の撮影所。毎日、映画の撮影で賑わっているこの撮影所だが、最近は不審な影がスタジオをうろつき、役者が次々と殺されていくという「いわく」付きの撮影所…。この謎を解くのは名探偵の金田一か小五郎か江戸川のうちのだれか。オ○ラ座の怪人をベースに、ハムレットや鞍馬天狗、ドラキュラや西遊記まで和洋折衷、往年の名作をパクリにパクッたストーリー。

 

第11回 教文13丁目笑劇場 「 スパーク忠臣蔵 」


笑劇一座初の笑劇場単独公演。時は江戸末期。江戸城内にて赤穂藩の浅野内匠頭が吉良上野介に立てつき、斬りかかる事件が発生。これを重く見た徳川綱吉は浅野に切腹を命じたが、一方の吉良はおとがめなし。この事件の結果、城を明け渡した赤穂藩の浪士たちは、切腹した浅野の恨みを晴らすべく、吉良を討ちに江戸に向かう。

テレビや映画でおなじみの「忠臣蔵」のパロディ。